もしもJアラートが鳴ったら

更新日:

何かと世間を騒がす北の国のあの首領様…巷では、闇の黒電話将軍だとかカリアゲ君などと揶揄され、日米を中心とする自由主義陣営のネット上では完全にいじられキャラと化しています。なんだかものすごく気の毒になって来るくらいです。覇気ヘアと呼ばれるものらしいんですが、自ら望んで理容師にそうさせたのか、理容師の技量に何らかの問題があったのか…激しく謎な髪型です。似合う似合わないとかの問題ではなく、何かこう…いろいろな意味で見る人を困惑させる髪型です。もしも、会社の上司があの髪型に変わったら毎日が楽しくなりそうです。自由主義陣営での一般的なサラリーマン社会でなら、会社に一人くらい変わり者がいても問題はありません。むしろ、組織を活性化させる一服の清涼剤的な存在として重宝されるでしょう。

とりあえず人気者になりたけば…

会社で人気者になりたけば、ヘアスタイルを黒電話カットにすると良いでしょう。しかし、あちらの体制での生活となると大変そうです。将軍様のご尊顔を見て、まかり間違えて思わず吹き出して笑ってしまったら死刑です。なので、将軍様の専属理容師は手と足をガタガタ震わせ、目に涙を浮かべながら必死に「とてもお似合いですよ~!!」なんて言っているのは想像に難くありません。死の恐怖と隣り合わせの(堪えなきゃいけない)笑いなんて地獄の中の地獄です。そんな生き地獄が実際本当に隣の国にあるんです。普通の国なら「一国の元首の頭髪を預かるなんて…実に理容師冥利に尽きる!!」なんでしょうが、北の国に限っては、これまですべての理容師人生を賭す「どんだけ罰ゲーム!?」なんでしょう。ところで…会社で人気者になりたくて黒電話カットにする場合、理髪店のマスターになんて説明すればいいんだろうか?覇気ヘアを所望しても普通の覇気ヘアに仕上がるだけだと思われます。しかし、こちらの店舗へ行けば対応してくれそうです。それはさておき、前置きはかなり長くなりましたが、ある日突然、北の国から飛翔体…いえ、もはや紛れもなく弾道ミサイルですが…そんな物騒なモンが飛んで来て、全国瞬時警報システム(通称Jアラート)が鳴った場合の対処方法について考えてみたいと思います。

人よって激しく見解が異なるJアラート発報

ホリエモンこと実業家のアノお方は「こんな事でいちいち鳴らすな!!」等と発狂して逆ギレ。同氏の発言内容を巡って一時ネット上で物議を醸しました。この件についてアレコレ詳細を語る必要はないでしょう…きっと、ご自身の過去の苦い思い出(宇宙開発)と重なり、ついイラっと来てしまいあのような発言に至ったものと思われます。まぁ、人間そんな時もあります。個人的には、そんな彼の言動は嫌いじゃありません。実に笑えます。さらに、前回の都知事選で数々の伝説を残してくれた鳥ナントカ俊太郎氏に至っては、現在の危機を煽る勢力が暗躍している等と主張…もはやコメントする価値を見出せません。ぶっちゃけ、自称知識人の発言なんかにまったくあてになりません。いちいち真に受けていては、一般庶民は何を信じて良いのか困惑するだけです。では、政界・政治家はどうでしょうか?現在、島根県知事の発言が注目を集めています。曰く「島根に落っこちても意味ないわ!!」と開き直り、まぁ、言った本人はドンと来いや的な男らしい発言のつもりだったんでしょうけど…これは「対策は全然♪」と言っているも同然です。もちろん、人によって受け止め方は違うでしょう。知事の発言を爽やかな天然ギャグとして好意的に受け止めている方もいるでしょう。でもやっぱり、一地方自治体トップである県知事が言うべき発言内容ではないと思います。

秋田県知事の発言が注目

Jアラートが鳴る事に関して、人によって対応や見解が大きく違います。そんな中、秋田県知事の発言内容が別の意味で注目されています。秋田県政史上、末永く語り継がれるであろう名言をされました。知事曰く…

考えたくもないが、もし秋田を狙うとすると、県庁を狙う。戦時であれば、行政機能のトップを一番先に狙う…中略…あとは自衛隊基地、空港、放送局。これは戦争の時の常套(じょうとう)手段ですから」
朝日新聞「「秋田を狙うとすれば県庁だ」北朝鮮ミサイルに佐竹知事」http://www.asahi.com/articles/ASK945DGPK94UBUB007.html(2017年9月4日)引用

これに対して、ネット上では秋田県が狙われるワケねぇ~wwwwww!!などと完全にデキない子あつかいにされています。圧倒的大多数の人は同知事の発言に対して指差して笑って見ています。私は違うと思います。秋田県の知事として、県民を守るべく最大限の職責を果たす決意表明、意志表示をしたまでです。これは至極当然ではありませんか。たしかに、秋田県には原発など国の重要施設なんかありません。あるのは…そうですね~本当になんもないイメージですが、とにかく知事の発言の趣旨は正しいと思います。

秋田県を笑うものはミサイルで泣く

ツッコミどころ満載でありつつも、秋田県知事も知事として最大限の事をしたまでです。笑っては失礼です。そういえば昔、県立地球防衛軍なんてマンガがありましたが…自治体トップの県知事ならば、地方自治体レベルの手に余る事態が迫って来ようとも、県立だからと言う訳のわからぬ理由で県立高生に動員令をかけるまではないにしろ、あらゆる手段を講じて危機に対処せねばなりません。なので、島根県民は少し頭を冷やし、次の県知事選挙では適切な人物に投票すべきでしょう。来るならドンと来いや!!いや、本当にそんな事は言っていませんが、島根に落ちても意味はない!!を爽やかな一発ギャクととらえるか、不謹慎発言と受け止めるのかは個々の島根県民にかかっています。兎にも角にも、秋田県知事の発言を真剣に受け止め、万が一に備え、国民保護ポータルサイトもよく読んで心の準備もしておきましょう。その場その時の状況に応じて、生存確率を上げるためにできうる限りの行動を取りましょうね♪です。地下がない!!等と喚いておろおろしているなんて愚の骨頂です。よく「地下がないのでどうすればいいのかわかりません」なんて言う人がいますが…それはただの思考停止です。平和ボケもいいところです。マニュアル通り、屋外なら身を屈め伏せるなり、屋内なら窓のない場所に退避すべきです。むつかしく複雑に考える必要はありません。

とりあえず頭上注意

ぶっちゃけ、北の国が本当に攻撃して来るなんて事はまずないと思います。それよりも、北の国のミサイルなんかやっつけ仕事で乱造した怪しいものばかりです。脅しのつもりで打ち上げたミサイルが、何らかの原因で不具合や不良を起こして日本上空で空中爆発、分解飛散なんて事故をおこす可能性の方が、現実的にも確率的にも大きいかと思います。そもそも、宇宙開発とかの事故発生率は決して低くありませんし、一度でもうんな事態が発生すると大規模なものとなります。ホリエモンが一番それを理解しているはずなんですが…いちいち鳴らすな!!通過するだけだから大丈夫!!なんて本当に大丈夫なんですかね?ミサイル本来の使用目的による被害よりも、思わぬ事故発生による被害の方が心配です。実際、東西冷戦時代には、大阪のとある民家に、ソ連の打ち上げたロケットの部品が落下して来た事故も発生しています(幸い人的被害は発生していませんが)。黒電話将軍のことですから、事故だからしゃ~ないやろ!!知らんわ!!と逆ギレして来るのは間違いないでしょう。一般的に、どのような理由や形であれ、日本国内に一発でもミサイルが落下したら即開戦なんて見方がされていますが…昨今の「本物のレッドラインはどれだ!?」的なトランプ大統領の態度を見てますと、それは少し怪しいと思います。そんな感覚でいる私が平和ボケでしょうか?

関連記事

相次ぐ平和ボケ発言でJアラートメッセージを変更

政府は14日、北の国からミサイルが発射された場合に流す全国瞬時警報システム(通称Jアラート)のメッセージ内容を変更したよ~ん♪と発表しました。前回の本番で、メッセージの内容にもとづき、愚直に避難行動を試みた方々が続出した … “相次ぐ平和ボケ発言でJアラートメッセージを変更” の続きを読む

原発にミサイルが命中しても放射性物質が大量放出される訳がない

などと、電気事業連合会の勝野哲会長が発言しました。この記事のタイトルは私がフィーリングで適当に付けたものですが、正確には「ミサイルが撃ち込まれても放射性物質は大量に放出されない」だそうです。一報を伝えたテレ朝ニュースの動 … “原発にミサイルが命中しても放射性物質が大量放出される訳がない” の続きを読む