お巡りさんの前で「グラニュー糖」を落とすドッキリ動画撮影の件

更新日:

街の平和を守るヒーローの前で、わざとグラニュー糖を入れた小さなポリ袋を落として、いけないお薬と錯誤させた上で全力疾走したもんだから…当然ではありますが間違いなく追跡を受けます。その様子を面白がって撮影してYouTubeにドッキリ動画と称し投稿したとして、今月の8日、偽計業務妨害の疑いで福井県越前市の自称広告業の逃走役の男(31歳)と、その様子を撮影していた男の妻(28歳)の二人が逮捕された。分別あるであろうはずの良い歳をした大人が…実に恥ずかしいです。しかし、男ってもんはいくつになってもロマンを追い求めるバカです。なので、この場合は普通、カミさんが「バカな事してるんじゃないわよ!!」と旦那を説教して止めるもんなんですが…

一転して偽計業務妨害の疑いで逮捕

それはさておき、問題の動画ですが、まぁ、どこかの動画サイトに転載されているとは思いますが、すでに本人によって削除され本家本元は視聴する事ができません。現在は、ニュースサイトが提供する引用動画で顛末の一部を確認する事しかできません。逮捕された二人は、動画投稿サイトYouTubeで公告収入を稼ぐ、いわゆるユーチューバーと言われる人達だったようですが…それにしても、やっちゃった本人達は冗談のつもりだったんでしょうが、よくよく冷静に考えて見たら、やっちゃいけないヤバイ事だとすぐに分かりそうなもんだと思うんですが…メタリック加工した竹光をむき出しの状態で持って交番の前を疾走するようなもんでしょう。それで、まかり間違えて発砲されても文句は言えません。いや、日本の警官は簡単にピストルは抜きゃしませんが…でも、お巡りさんだって普通の人間です。怖いものは怖いです。愛する家族だっているだろうし、いくらヒーローとは言え死にたくはありません。状況によってはピストルを向けられていてもおかしくありません。当初は、警察もお説教をしただけで解放したようですが、実はイタズラ動画の撮影で、YouTubeに投稿するのが目的だったと判明したとたん、面子を潰されたと感じた警察は立腹、一転して、この二人を偽計業務妨害の疑いで逮捕に乗り出しました。

自称広告業の男

まず、一番最初に気になった点ですが…自称広告業ってなんでしょうね?男の容姿からして広告代理店勤務の社員には見えません。繁華街なんかでよく見かけるサンドイッチマンの事でしょうか?まさか、広告収入で稼いているユーチューバーだから広告業を自称しているんでしょうか?だとしたら、広告業とはちょっと違うような気がします。マスクを半分に折って顔の一部を隠している某ドローン少年が配信業と称していたようなノリで、ついつい広告業と名乗ってしまったんでしょうか…もし、そうだとしたら、31歳という年齢からして痛いと思います。いずれにしても自称に過ぎないので実質的な「無職」でしょう。変な話ですけれども、私だったら普通に自営業とかにしておきます。たしかに、無職なんて恥ずかして言えないでしょう。逮捕されたからには自分の顔写真やら経歴、個人情報の一部など、マスコミにより報道され世間のさらし者にされます。31歳児なりの男としての最後プライドだったんでしょう…取り調べの際はドヤ顔で「広告業」なんて供述したんでしょう。ところで、話は変わりますが…定年退職した老人をよく「無職の神田ハルさん(89歳)」なんて言い方をしますが、なんか別の言い方はないもんでしょうか。働き盛りのバカ気の至りによる犯罪者と呼び方が同じなのは納得がいきません。

謎の二人組の通行人

事件を起こした犯人を批判しておきながら、これは不謹慎だと思うんですが…純粋に、この男を追跡した警察官がカッコ良過ぎて感動しました。もしも動画にBGMを入れるとすれば「太陽にほえろ!」のアノ曲のイントロ部分でしょう。太陽にほえろと言えば…愛生会病院のWEBサイトが普通のホームページになってしまった時は…ひとつの時代の終焉を感じました。とても残念です。それはさておき、ここで気になる点が再度浮かび上がります。通行人でしょうか?たまたま居合わせていた私服の警察官でしょうか?それは分かりませんが、カバンを持ったサラリーマン風の二人組の男性が映ってしましたが…男を追跡する警察官の後から、これを追いかけるように行動を共にしています。仮に男性A(先頭)と男性B(後続)としましょう。途中、男性Bが黒い革靴らしきもの二つを拾っている姿が映し出されています。動画を何度か再生し直して見ると、追跡する警察官の靴が脱げていると思われる様子がうかがえます。画像が不鮮明なのではっきりと確認はできませんが、どうも制服警察官の靴を拾って上げていたものと思われます。地面の上を靴下のみで走るのは至難の業です。このお巡りさんも、小さな石ころやガラス片など踏んで、足の裏を痛めていなければ良いのですが…とても心配になってきます。それと考えると、動画を撮影した男が素朴に許せません。

男には「裸足で砂利道100mを全力で走らせる刑」に!!

見ているとなんだか、この男には「裸足で砂利道100mを全力で走らせる刑」にでもさせたいくらいの心情になって来ます。数年前にも、YouTubeをはじめとする各種SNS等で、店の冷蔵庫に入って商品を台無しにしたり、地下鉄の駅で線路に無断で降りるなど、犯罪スレスレの…いや、もう完全に犯罪の動画や画像などを意気がって投稿する若者が出現しまくり大きな社会問題となりました。きっと、今回の件も、摸倣犯や類似犯が出て来る恐れは十分考えられます。なので、厳罰に対処して欲しいと願います。最初に追跡した警察官の他、応援にパトカーまで出動していますので、相当な時間と経費も割かれているものと思われます。福井県民の血税を無駄にしないためにも、福井県はかかった費用の全額をこの男とその妻に損害賠償請求すると良いでしょう。あと、ものすごく余計なお世話なんですが…日夜現場でがんばるお巡りさんのために、簡単には脱げず通気性抜群の蒸れない…それでいてはっ水効果のある靴の支給も願います。今回は交番に勤務するお巡りさんが被害に遭いましたが、スマホでの盗撮や無断撮影をはじめ、実際他にも、歩行者などの一般人を標的にしたドッキリ動画が撮影されるケースも出ています。ある日突然、道を歩いていたら、自分がドッキリ動画撮影の被害者になるなんで事も…技術が進歩して生活が便利になる反面、それで不快な事も多くなるのは残念です。

目には目を!グラニュー糖にはグラニュー糖を!

そういえば、あぶない刑事の鷹山刑事(舘ひろし)は、飲み屋や裏路地などで情報屋のおっさんの胸倉を掴み、最初から自分の手に持っていたグラニュー糖を入れただけのポリ袋を、相手の内ポケットから取り出した振りをして「おい!!なんだコレは?」なんて感じで脅して、裏社会の情報を引き出そうとするシーンを何度か見かけましたが…そこまで積極的にやるのはどうかと思いますが、警察もこの手の輩を少し懲らしめる意味でも、取り調べの際は「落とした袋から反応出たけど?」と男をおちょくって見るくらいの事をしても良かったのではないかと思います。是非とも男が絶句して泣く顔を見てみたいです。それで数時間くらい引き延ばして質問攻めにすると、もしかすると、本当に別件で何か出て来そうな気がします。取り調べの際は、グラニュー糖をアホみたいにどっさり入れたコーヒーでも出して飲ませると良いでしょう。人間は超絶的な窮地に陥ると味覚が狂い、味をまったく感じなくなるそうです。なので、飲まされる方はわかりゃしないと思います。それに、汗を大量にかいてノドも乾きまくるでしょうから、きっと、ガブガブ飲むと思います。あとで「さっきのは検査は誤判定だった見たい♪」と伝えれば無問題です。一転して「良かったなぁ~疑いが晴れて♪」などと恩着せがましい態度を示せば、男もおいおい泣きながら、納得の上で警察に感謝して自宅へ帰るしょう。

関連記事

徳島県警の誤認逮捕事件の構図がワケワカメな件について

警察のネット犯罪捜査で、いまだに「なりすまし」が考慮される事がなく、アカウントの所有者が無条件に逮捕されるんですから驚きです。冷静に考えて見ても、足のつく方法でわざわざ実行するバカはいないと思います。先月、ツイッター上で … “徳島県警の誤認逮捕事件の構図がワケワカメな件について” の続きを読む